『ジェイソン・ベッカー Not Dead Yet 〜不死身の天才ギタリスト〜』

上映終了

B2_poster
© Opus Pocus Films
日時
上映終了
料金
一般¥1,800/学生¥1,500(平日学割¥1,100)/シニア¥1,100/UPLINK会員¥1,000
会場
X(2F)
作品分数
87分
リンク

☆トークショー開催決定!


■ゲスト:女性ヘヴィメタルバンド「Mary’s Blood(メアリーズブラッド)」のギタリスト・SAKIさん
■日時:12/7(日)18:40の回、上映後


■ゲスト:増田勇一(ロックジャーナリスト)
■日時:12/14(日)19:30の回、上映後

☆来場者プレゼントあり!


ご来場の方に先着で12cm×12cmのCDジャケットサイズのオリジナルステッカーとギターピック(楽器店・サウンドハウス提供)をプレゼント!


映画オリジナルTシャツの新色を特別先行発売決定!
既存の黒に加えて、限定色として赤、チャーコールグレーを先行販売!サイズはS、M、Lの三種類をご用意しています。



ある日突然、死の宣告
初めの計画とは違う人生になってしまったけれど
自分は自分の人生を生き、ただ音楽を作りたいだけ




本作は、ALS(筋萎縮性側索硬化症)という難病と闘う天才ギタリスト、ジェイソン・ベッカーの、死の宣告を超えた生き様が描かれている。彼は1969年アメリカのカリフォルニア州生まれ。日本で大人気のギタリスト、マーティ・フリードマンとコンビを組んで若干17歳で『カコフォニー』というメタルバンドを結成する。20代前半、ヴァン・ヘイレンのボーカリストであるデイヴ・リー・ロスのバンドに大抜擢されるも 突然ALSを発症し、アルバム1枚の参加だけでツアーはキャンセル。世界的成功を目の前に医師からは余命3-5年と宣告を受ける。その後は病気の進行により体の自由が奪われるが、生きたい、音楽を作りたい、というジェイソンの不屈の意志を家族・仲間が支え続け、作曲家として現在も創作活動を続けている。


 
保存されている貴重な映像や家族、関係者、そして本人の証言から構成される劇中には親友マーティ・フリードマンやスティーヴ・ヴァイといった日本でも人気のあるミュージシャンが多数出演。Hot Docs、サンフランシスコドキュメンタリー映画祭で賞を受賞した他、多くの映画祭で上映、受賞しドキュメンタリー映画として高い評価を得ている本作。アメリカ、イギリス、台湾での公開を経て多くのファンが待つ日本で待望の公開!!!






『ジェイソン・ベッカー Not Dead Yet 〜不死身の天才ギタリスト〜』(2012年/イギリス・アメリカ/87分/カラー/ビスタ/DCP)
配給:アートスタby K&AG、マウンテンゲートプロダクション
協力:メダリオンメディア
配給協力:エムエフピクチャーズ
宣伝協力:Heavy Metal Wrestling
後援:一般社団法人日本ALS協会



Back to Top