【見逃した映画特集2014】『her/世界でひとつの彼女』

上映終了

her-main-n_large
Photo courtesy of Warner Bros. Pictures
日時
上映終了
料金
一般¥1,300/学生・シニア¥1,100/UPLINK会員¥1,000 ※特別興行の為、パスポート使用不可。サービスデー適応外。
会場
ROOM(2F)
作品分数
126分
リンク

見逃した映画特集2014
今年の名作。選りすぐりの39本。

気鋭若手監督の意欲作から世界的巨匠の名作まで国内外、メジャー・インディー問わず2014年話題になった作品の中から選りすぐりを一挙上映!
上映作品一覧はこちら
上映カレンダーPDFはこちらからDLできます






アカデミー賞®脚本賞受賞!!


誰も観たことのない、ラブストーリー。
映画で誰も感じたことのない愛おしさ、切なさ。



☆webDICE関連記事
スパイク・ジョーンズ監督インタビュー:女(OS)は経験から進化し、男(人間)のヴァージョンアップの頻度は遅い(2014-06-21)

【STORY】
近未来のロサンゼルス。
セオドア(ホアキン・フェニックス)は、他人の代わりに想いを伝える手紙を書く“代筆ライター”。長年一緒に暮らした妻キャサリン(ルーニー・マーラ)に別れを告げられるも、想いを断ち切れずにいた。女友達のエイミー(エイミー・アダムス)は彼を心配して友人を紹介しようとしたりしてくれるが、彼はそんな誘いも断り傷心の日々を過ごしていた。そんなある日、人工知能型OS の“サマンサ”(スカーレット・ヨハンソン)に出会う。出会うといっても実体をもたない彼女は、コンピューターや携帯画面の奥から発せられる“声”でしかない。けれど“彼女”は、驚くほど個性的で、繊細で、セクシーで、クレバー。セオドアは次第に“彼女”と仲良くなっていき、イヤホンで“彼女”と会話をする時間を誰と一緒にいるより自然に、幸せに感じるようになる。仕事中相談をしたり、夜寝る前にささいな会話をして笑いあったり、携帯のなかに“彼女”を持ち出してデートしたり旅行をしたり・・・。サマンサにとってもセオドアを通じて見る世界は新鮮で刺激的で、やがて二人は恋に落ちるが――。



『her/世界でひとつの彼女』(2013年/126分/アメリカ)
監督・脚本:スパイク・ジョーンズ
出演:ホアキン・フェニックス、エイミー・アダムス、ルーニー・マーラ、オリヴィア・ワイルド、スカーレット・ヨハンソン



Back to Top