【見逃した映画特集2014】『罪の手ざわり』

上映終了

main
© 2013 BANDAI VISUAL, BITTERS END, OFFICE KITANO
日時
上映終了
料金
一般¥1,300/学生・シニア¥1,100/UPLINK会員¥1,000 ※特別興行の為、パスポート使用不可。サービスデー適応外。
作品分数
129分
リンク

見逃した映画特集2014
今年の名作。選りすぐりの39本。

気鋭若手監督の意欲作から世界的巨匠の名作まで国内外、メジャー・インディー問わず2014年話題になった作品の中から選りすぐりを一挙上映!
上映作品一覧はこちら
上映カレンダーPDFはこちらからDLできます






第66回カンヌ国際映画祭脚本賞


村の共同所有だった炭鉱の利益が実業家に独占されたことに怒った山西省の男。妻と子には出稼ぎだと偽って強盗を繰り返す重慶の男。しつこく迫る客に我慢できず切りつける湖北省の女。ナイトクラブのダンサーとの恋に苦悩する広東省の男――。
虐げられ苦悩する彼らが起こす衝撃の結末とは?


デビュー作『一瞬の夢』以来、つねに今を生きる人びとを真摯に見つめてきた名匠・ジャ・ジャンクーが、中国でここ数年に実際に起こった4つの事件を基に、急激に変貌する社会の中で時代の波に乗り遅れ、もがきながらひたむきに生きる人たちをパワフルに描く、衝撃と慟哭の物語。



『罪の手ざわり』(中国=日本/129分/2013年)
中国語題:天注定 
英語タイトル:A Touch Of Sin
出演:チャオ・タオ(『長江哀歌』)、チァン・ウー(『こころの湯』『活きる』)、ワン・バオチャン(『イノセント・ワールド/天下無賊』)、ルオ・ランシャン   
監督・脚本:ジャ・ジャンクー(『長江哀歌』『四川のうた』)
撮影:ユー・リクウァイ 
製作総指揮:ジャ・ジャンクー、森昌行、任仲倫 
プロデューサー:市山尚三 
アソシエート・プロデューサー:川城和実、定井勇二、劉時雨、ジャ・ビン
製作:Xstream Pictures、上海電影集団、山西影視集団、バンダイビジュアル、ビターズ・エンド/オフィス北野 
配給:ビターズ・エンド、オフィス北野  



Back to Top