【見逃した映画特集2014】『ジプシー・フラメンコ』

上映終了

22
©2013CROMOSOMA SA/LASTERMEDIA SL/TELEVISIO DE CATALUNYA SA/ EVA VILA,IDEC-UPF
日時
上映終了
料金
一般¥1,300/学生・シニア¥1,100/UPLINK会員¥1,000 ※特別興行の為、パスポート使用不可。サービスデー適応外。
作品分数
84分
リンク

見逃した映画特集2014
今年の名作。選りすぐりの39本。

気鋭若手監督の意欲作から世界的巨匠の名作まで国内外、メジャー・インディー問わず2014年話題になった作品の中から選りすぐりを一挙上映!
上映作品一覧はこちら
上映カレンダーPDFはこちらからDLできます






カルメン・アマジャ生誕100周年記念
山形国際ドキュメンタリー映画祭2013コンペティション部門正式出品



ジプシー・コミュニティーの中で受け継がれていくフラメンコの神髄!
超絶技巧のギターと胸を切り裂く哀切の歌声―
いま 妖気と熱い血のダンスが始まる!


踊ることは生きること
『ジプシー・フラメンコ』は、固い絆で結ばれたバルセロナのジプシー・コミュニティーの中で、フラメンコという遺産が、どのように次世代に受け継がれてゆくのかを鮮やかに映し出し、フラメンコの魅力の源泉をとらえた異色のフラメンコ映画である。伝説のフラメンコ・ダンサー、カルメン・アマジャの生誕100年を記念して制作され、彼女の血を引く母娘による息をのむステップ、ダンサーを夢見る少年のパッションみなぎる踊り、男たちの超絶技巧のフラメンコ・ギター、魂を揺さぶる歌声・・・。フラメンコの神髄に溢れたシーンの数々に圧倒されることだろう!

                                            
カルメン・アマジャ(1913年~1963年)
スペイン、バルセロナのソモロストロ地域の農家に生まれ、後に、フラメンコを芸術の域に高めた不世出のフラメンコ・ダンサーとなる。ニューヨーク公演時(1941年)にはルーズベルト大統領に招かれている。アカデミー賞候補になったスペイン映画『バルセロナ物語』(1961年)で、見事なステップを見せた後に亡くなった。だが、彼女が放つドェエンデ(妖気 霊感)ミステリオ(神秘性)は 今もなおBAJALI(バルセロナのジプシー)の中で 受け継がれている。『ジプシー・フラメンコ』は、彼女の実姪とその娘が、まさにその神髄を継承している様を感動的に描いてゆく。


『ジプシー・フラメンコ』(2012年/スペイン/カラー/84分)
提供・配給:パンドラ+ピカフィルム



Back to Top