『あたらしい野生の地-リワイルディング』

上映中

main4
日時
上映中
料金
一般¥1,800/学生¥1,500(平日学割¥1,100)/高校生以下¥800/シニア¥1,100/UPLINK会員¥1,000
作品分数
97分
リンク
日程
時間
12月8日(木)

17:00~18:37【予告なし】

購入する

人が手を放した場所は、いずれ自然へと回帰する。


まるで、動く生きもの図鑑。
オランダで70万人を動員した奇跡の自然保護区を追った、地球再生のドキュメンタリー



世界でもっとも人口密度の高い国オランダ、その首都アムステルダムから北東50キロの海沿いに位置する6000ヘクタール程の小さな自然保護区「オーストファールテルスプラッセン」。もともとは1968年に行われた干拓事業の失敗で放置された人工の地だった。しかし、人に忘れられたその土地に、わずか45年で自然はあたらしい命を育み、野生の楽園を築きあげていた! 都市近郊に広がる命の宝庫のようなこの土地で、生を謳歌し死と対峙する生き物たちの一年を、美しい映像で綴っていく。


なかでも、目を引くのがリワイルディング、再野生化に成功したコニック(馬)の一群だ。一度自然界では絶滅した種だがこの地で繁殖に成功した。数千頭が群れをなして雄大な草原を駆け抜けるシーンは圧巻。人が手放した場所で紡がれる生きもの達の相関図は、いかにして土地の生態系が回復していくのか、そのプロセスを明らかにしていく。このあたらしい「野生」のあり方は、年々深刻化していく地球の環境問題に希望をもたらす力強いメッセージといえるだろう。オランダで大ヒットを記録した生き物図鑑ドキュメンタリーついに公開!


【リワイルディング(再野生化)とは】
一度自然界で絶滅した動物種を、ふたたびその土地に放ち、失われた生態系を取り戻そうとする試み。他には、オランダやポーランドでヨーロッパバイソン、アメリカのイエローストーン国立公園でオオカミの再野生化が成功したと報告されている。


◎地球再生のヒントが込められた映画『あたらしい野生の地−リワイルディング』を全国に届けたい!上映応援プロジェクト!
詳細はこちら


『あたらしい野生の地—リワイルディング』
(2013年/オランダ語/97分/カラー/シネスコ/オランダ)
監督:ルーベン・スミット、マルク・フェルケルク
提供:チームRewilding/配給・宣伝:メジロフィルムズ



Back to Top