『グッバイ、サマー』

上映中~11/25(金)

『グッバイ、サマー』main
©Partizan Films- Studiocanal 2015
日時
上映中~11/25(金)
料金
一般¥1,800/学生¥1,500(平日学割¥1,100)/高校生以下¥800/シニア¥1,100/UPLINK会員¥1,000
作品分数
104分
リンク

14歳。僕らの夏休みは永遠の想い出。


『エターナル・サンシャイン』『恋愛睡眠のすすめ』ミシェル・ゴンドリーの自伝的青春ストーリー



“動くログハウス”で旅に出る14歳の夏休み、ミシェル・ゴンドリーワールド炸裂のキュートで甘酸っぱい青春のロードムービー!

『エターナル・サンシャイン』『恋愛睡眠のすすめ』など、創造性と遊び心に満ちた独特の世界観で絶大な支持を得る映像作家ミシェル・ゴンドリーの最新作は、14歳の少年二人が夏休みに“動くログハウス”で旅をするキュートなロードムービー。
ゴンドリー自身が「この映画は100%僕の思い出からできている。僕が体験したことを元に冒険したかったんだ」と語る自伝的青春映画です。キャストにはオーディションで選ばれた新人、アンジュ・ダルジャンとテオフィル・バケがみずみずしい演技と息のあったコンビをみせ、さらに、フランスを代表する女優、オドレイ・トトゥが彼らを見守る母親役として脇を固めます。子供時代のきらめきと大人への扉を開ける少年たちのもどかしくも甘酸っぱい青春の日々が色鮮やかなフランスの街並みや自然とともに描かれる、爽やかな感動を呼ぶ珠玉のロードムービーが出来上がりました!


【story】
大人じゃない、子供じゃない。僕らの友情は永遠に続く。

14歳。子供でもない、大人でもない狭間の時期。画家を目指すダニエルは沢山の悩みを抱えていた。
中学生になっても女の子のような容姿で、クラスメイトからミクロ(チビ)と呼ばれて馬鹿にされており、恋するローラにはまったく相手にされていない。おまけに母親は過干渉で、兄貴は暴力的なパンク野郎だ。誰も本当の自分を理解してくれる人はいない……。
そんなある日、ダニエルのクラスに変わり者の転校生がやってくる。名前はテオ。目立ちたがり屋で、自分で改造した奇妙な自転車を乗り回し、家の稼業のせいで身体からガソリンの匂いを漂わせている。周囲から浮いた存在のダニエルとテオは意気投合し、やがて親友同士になっていく。学校や家族、そして仲間達、みんなが二人を枠にはめて管理しようとしてくる。息苦しくて、うんざりするような毎日から脱出するため、彼らは“ある計画”を考え付く。それは、スクラップを集めて〝夢の車”を作り、夏休みに旅に出ることだった―。



『グッバイ、サマー』(2015年/フランス/104分/DCP/原題:Microbe et Gasoil)
監督&脚本:ミシェル・ゴンドリー
出演:アンジュ・ダルジャン、テオフィル・バケ、ディアーヌ・ベニエ、オドレイ・トトゥ、ヴァンサン・ラムルー、アガット・ペニー、ダグラス・ブロッセ
配給会社:トランスフォーマー
©Partizan Films- Studiocanal 2015


Back to Top