『福田敬子~女子柔道のパイオニア 』

上映中~12/16(金)

福田敬子_photo_fix
日時
上映中~12/16(金)
料金
一般¥1,500/学生¥1,300(平日学割¥1,100)/シニア¥1,100/UPLINK会員¥1,000
作品分数
58分
日程
時間
12月8日(木)

10:30~11:38

12月9日(金)

10:30~11:28【予告なし】

購入する

12月10日(土)

10:30~11:28【予告なし】

購入する

12月11日(日)

10:30~11:28【予告なし】

購入する

12月12日(月)

10:30~11:38

購入する

12月13日(火)

10:30~11:38

購入する

12月14日(水)

10:30~11:38【サービスデイ】

購入する

12月15日(木)

10:30~11:38

購入する

12月16日(金)

10:30~11:38【最終日】

購入する

『福田敬子~女子柔道のパイオニア』は、講道館女子九段、米国柔道連盟十段を取得した福田敬子先生の生涯を、本人への豊富な取材も含め、記録した映画です。



嘉納治五郎先生の薦めで、21歳の時に講道館女子部に入門。1964年の東京オリンピックで柔道の型を披露。1966年、52歳の時、柔道の国際的普及のために渡米、80歳を過ぎるまで世界各地で、柔道の普及に努めてこられた先生の生涯を、東京オリンピックを控えた今こそ、
語り継いでいく時なのです。

全日本柔道連盟副会長 山下泰裕さんとロマー監督
女子柔道の先駆者として単身渡米。大正、昭和、平成と時代が変わり、どんな厳しい状況でも精進され、99歳まで指導をされました。先生のモットーである「つよく、やさしく、うつくしく」を実践した、しなやかで強靭な生き方に出会えたことに大変感謝しています。
全日本柔道連盟副会長 山下泰裕


福田先生こそ女子柔道のパイオニア。女子柔道が今あるのは先生のような多くの女性柔道家のお蔭。先人が開いた道をさらにつなげていくのが私たちの使命。女性のみならず多くの柔道家にこの映画を見ていただきたい。
日本オリンピック委員会理事 山口香


今以上に女児・女性が柔道で活躍することが柔道全体の今後の発展に不可欠であると思います。この映画は、既に柔道をやっている女児・女性が柔道をやり続ける動機付けになると同時に、新しく柔道を始めるきっかけになることを願っています。
21世紀職業財団 岩田喜美枝




『福田敬子~女子柔道のパイオニア』(アメリカ/2013年/58分)
文部科学省選定(少年・青年・成人向き)
監督:ユリコ・ガモウ・ロマー
配給:パンドラ

Back to Top