【見逃した映画特集2016】『少女椿』

2017/1/5(木)、6(金)

『少女椿』メイン
(C) 2016『少女椿』フィルム・パートナーズ
日時
2017/1/5(木)、6(金)
料金
一般¥1,300/学生・シニア¥1,100/UPLINK会員¥1,000 ※特別興行の為パスポート会員使用不可、サービスデー適応外
作品分数
90分
リンク

世界中でカルト的な人気を誇る丸尾末広のエログロ漫画「少女椿」

映像化不可能と言われた丸尾末広ワールドを中村里砂、風間俊介ら豪華キャストで実写映画化!



狂っているのは、私か、あなたか。

1984年に丸尾末広原作の「少女椿」(青林工藝社刊)が発刊されて以来、アニメ映画・舞台化されて高い評価を受けたものの、その内容表現が海外の一部地域では上映禁止となるなど、物議を醸しだした。原作発刊から30年もの間、何度も実写映画化が試みられたものの、その世界観を描くむずかしさゆえに企画が立ち消えとなっていた。そんな中、短編映画『ミガカガミ』でモントリオール他、国内外の映画祭で数々の賞を受賞した監督TORICOが、7年もの間映画化に奔走し、ついに自らの手で実写映画化を実現させた。
今回、怪しげな世界に翻弄される主人公の少女みどりを演じるのは中村里砂。モデル・タレントとして活躍中の彼女が、今回、初演技でありながら、映画デビューで初主演を飾るという、大きな挑戦をしているのも見もの。


【story】

母親の病死で一人ぼっちとなったみどり(中村里砂)は、赤猫サーカス団団長の嵐鯉治郎(中谷彰宏)に拾われる。サーカス団には、怪力自慢の赤座(深水元基)、美少年のカナブン(武瑠)、蛇使いの紅悦(森野美咲)、足芸の鞭棄(佐伯大地)、異人の海鼠、蟻男といった個性的な連中が顔を揃えていた。その中で下働きするみどりは、苛めにあいながらも女優を夢見て毎日を送っていた。ある日、ワンダー正光(風間俊介)という西洋奇術と称した超能力を使う男が入団する。不思議な力は話題となりサーカス団は連日大入りになる。みどりは彼の優しさに心を寄せていくが、そんな二人の関係を面白くない鞭棄は、力づくでみどりをものにした。それを知ったワンダー正光は激怒し、超能力で鞭棄を殺害する。その光景を目撃したみどりはワンダー正光に恐怖を覚え避けようとするが…。



少女椿(2016年/日本/90分/R15+)
監督・脚本:TORICO
原作:丸尾末広『少女椿』(青林工藝舎)
出演:中村里砂、風間俊介、森野美咲、武瑠(SuG)、佐伯大地、深水元基、中谷彰宏ほか
配給:リンクライツ
(C) 2016『少女椿』フィルム・パートナーズ


Back to Top