【見逃した映画特集2016】『Every Day』

2017/1/7(土)、8(日)

2
(C)2016 TEDOYA TOGO
日時
2017/1/7(土)、8(日)
料金
一般¥1,300/学生・シニア¥1,100/UPLINK会員¥1,000 ※特別興行の為パスポート会員使用不可、サービスデー適応外
作品分数
95分
リンク

【上映後トークショー開催決定!】

1月7日(土)20:00の回上映後
登壇者:加藤雅也、手塚悟監督

●加藤雅也さんプロフィール

http://www.katomasaya.com/

1月8日(日)20:00の回上映後
登壇者:手塚悟監督

※1月4日(水)10:00よりオンラインチケット販売開始

【来場者プレゼントあり】
★オリジナル卓上カレンダー
1月7日(土)、1月8日(日)両日来場のお客様全員に配布いたします。


これまで数々の短編作品を発表し、国内外の映画祭で高評価を得てきた手塚悟監督の長編デビュー作



これまで『つるかめのように』『こぼれる』など数々の短編が国内外の映画祭で高く評価されてきた手塚 悟監督。音楽家・haruka nakamuraの楽曲「every day」から着想を得た本作で、満を持しての長編デビューとなる。

主演には人気劇団「ヨーロッパ企画」に所属し、役者としてだけでなく、マキタスポーツ主演・BSスカバー!連続ドラマ『PANIC IN』の脚本・演出を担当するなど、マルチに活躍する永野宗典。共演に『4/猫(ねこぶんのよん)~猫まんま~ 』『サーチン・フォー・マイ・フューチャー』『珍遊記』など出演作品の公開が続き、CMや舞台でも活躍する山本真由美。他にも『SRサイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者』の倉田大輔、『歓待』の山内健司(青年団)ら魅力溢れるキャストが集結した。

また、監督の熱烈なオファーにより、haruka nakamuraが音楽を担当。全編ピアノで新録された楽曲が、優しく映画を包み込む。

【story】

ある朝、晴之の目の前に、交通事故で昏睡状態にあったはずの恋人・咲が突然現れる。咲は晴之に“1週間の時間をもらった“と告げると、いつもと同じように弁当を差し出した。大切な人と限りある時間を過ごすことになったふたりの、“特別な“日常が始まる。


Every Day(2015年/日本/95分)
監督:手塚悟
出演:永野宗典、山本真由美、倉田大輔、こいけけいこ、牛水里美ほか
配給:TEDOYA TOGO
(C)2016 TEDOYA TOGO


Back to Top