『すべての政府は嘘をつく』

上映中

main_s
日時
上映中
料金
一般¥1,800/学生¥1,500(平日学割¥1,100)/高校生以下¥800/シニア¥1,100/UPLINK会員¥1,000
会場
FACTORY(1F)
作品分数
92分
リンク
日程
時間
3月27日(月)

10:45~12:22

14:55~16:32

購入する

3月28日(火)

14:55~16:32

購入する

3月29日(水)

14:55~16:32【サービスデイ】

購入する

18:40~20:22【サービスデイ】

購入する

3月30日(木)

14:55~16:32

購入する

3月31日(金)

10:45~12:22

購入する

14:55~16:32

購入する

トランプ政権発足 緊急公開!オリバー・ストーン製作総指揮

ポスト・トゥルース時代に“真実”を追求するフリー・ジャーナリストたちの闘い

公益よりも私益に走り、権力の欺瞞を追及しない大手メディア。それに抗い、鋭い調査報道で真実を伝えるフリー・ジャーナリストたちが今、世界を変えようとしている。
彼らに多大な影響を与えたのが、1940~80年代に活躍した米国人ジャーナリストのI.F.ストーンだった。I.F.ストーンは「すべての政府は嘘をつく」という信念のもと、組織に属さず、地道な調査によってベトナム戦争をめぐる嘘などを次々と暴いていった。そんな彼の報道姿勢を受け継いだ、現代の独立系ジャーナリストたちの闘いを追ったドキュメンタリー。

(写真左から)マイケル・ムーア(映画監督)、エイミー・グッドマン(報道番組『デモクラシー・ナウ!』創設者)、ノーム・チョムスキー(マサチューセッツ工科大学名誉教授)、I.F.ストーン(調査報道記者)

「メディアは地球上に平和をもたらす最強の武器になりえる。それなのに、現在は戦争の武器として使われている。すべての政府は嘘をつく。特に戦争の最中には」──I.F.ストーン

「ジャーナリズムの本質は、真実を書き、弱者を守り、正義のために闘い、憎しみや恐怖心に癒しの視点をもたらすこと。いつの日か、多様性ゆえに殺し合うのではなく、その多様性を享受できる世界が実現することを願って」──I.F.ストーン

エドワード・スノーデンを取材するグレン・グリーンウォルド(元『ザ・ガーディアン』記者/ニュースサイト『ジ・インターセプト』創立者)

2016年トロント国際映画祭正式招待
2016年アムステルダム国際ドキュメンタリー映画祭正式招待



『すべての政府は嘘をつく』 (2016年/92分/カナダ/英語/日本語吹替/原題:ALL GOVERNMENTS LIE – Truth, Deception, and the Spirit of I.F. Stone)
監督:フレッド・ピーボディ
出演:ノーム・チョムスキー(マサチューセッツ工科大学名誉教授)、マイケル・ムーア(映画監督)、エイミー・グッドマン(報道番組『デモクラシー・ナウ!』創設者)、カール・バーンスタイン(元『ワシントン・ポスト』記者)、グレン・グリーンウォルド(元『ザ・ガーディアン』記者/ニュースサイト『ジ・インターセプト』創立者)、ほか
配給会社:アップリンク
© 2016 All Governments Lie Documentary Productions INC.


Back to Top