『いのちのはじまり:子育てが未来をつくる』

上映中~8月18日(金)以降は不定期上映

main_s
日時
上映中~8月18日(金)以降は不定期上映
料金
一般¥1,500/学生¥1,300(平日学割¥1,100)/高校生以下¥800/シニア¥1,100/UPLINK会員¥1,000/3歳以上、未就学児¥500
作品分数
96分
リンク

すべての上映でお子様連れのご来場を歓迎しています(0歳のお子様から入場していただけます)。
さらに、毎週水曜日の朝回は【親子上映会】開催決定!

小さいお子様をお連れのお客様も安心してご鑑賞いただけます。
親子上映会とは?
◎足下がみえる程度に薄明かりでの上映
◎通常より小さめの音量での上映

映画『いのちのはじまり:子育てが未来をつくる』公開記念トーク


【日時】 2017年7月28日(金)上映18:40~ トーク20:16~
【ゲスト】平岩 国泰(放課後NPOアフタースクール代表理事)

1974年東京都生まれ。1996年慶應義塾大学経済学部卒業。株式会社丸井入社、人事、経営企画、海外事業などを担当。2004年長女の誕生をきっかけに、“放課後NPOアフタースクール”の活動開始。活動開始以降 “アフタースクール”には5万人以上の子どもが参加。グッドデザイン賞(3回受賞)他各種受賞。2011年会社を退職し、NPO法人に一本化。日本の子どもたちの「放課後からの教育改革」に挑む。2013年より文部科学省中央教育審議会生涯学習分科会委員。2017年より渋谷区教育委員、新渡戸文化学園理事。


【日時】 2017年6月24日(土)上映10:30~ トーク12:10~
【ゲスト】 戸来祐子([月刊クーヨン]編集長)

クレヨンハウス総合文化研究所[月刊クーヨン]編集長。子どもも大人もいっしょに成長していくこと、子どもがいるひともいないひともみんなで子どもの育ちに関わっていくことを願い、[クーヨン]を編集中。2児の母。








【日時】 2017年6月25日(日)上映10:30~ トーク12:10~
【ゲスト】 坪谷ニュウエル郁子(東京インターナショナルスクール 理事長、国際バカロレア日本大使)

西イリノイ大学修了、早稲田大学卒。1985年、東京インターナショナルスクールグループの前身であるイングリッシュスタジオを設立。文部科学省とともに、教育の国際化の切り札となる、国際バカロレアの普及に取り組む。著書に『世界で生きるチカラ 国際バカロレアが子どもたちを強くする』(ダイヤモンド社)など。





【日時】 2017年6月26日(月)上映13:00~ トーク14:40~
【ゲスト】 小笠原 舞(保育士起業家 / 合同会社こどもみらい探求社 共同代表)
<お子様連れでのご参加、大歓迎!(0歳のお子様から入場していただけます)>

幼少期に、ハンデを持った友人と出会ったことから、福祉の道へ。大学時代にボランティアでこどもたちと出会い、彼らの持つ力と創り出す世界に魅了される。20歳で独学にて保育士国家資格を取得し、社会人経験を経て保育現場へ。こどもたちの声を大切にできる社会を目指し、既存の枠にとらわれず活動中。





【日時】 2017年6月27日(火)上映13:00~ トーク14:40~
【ゲスト】 池川明(池川クリニック院長)

帝京大学医学部大学院修了。医学博士。上尾中央総合病院産婦人科部長を経て、1989年横浜市に産婦人科の池川クリニックを開設。年間約100件の出産を扱い現在に至る。お産を通して、豊かな人生を送ることができるようになることを目指している。胎内記憶研究の第一人者として知られている。





【日時】 2017年6月28日(水)上映10:30~  
【親子上映】ノンカフェインドリンク試飲会付き(提供:H&F BELX)


赤ちゃんと一緒でも安心してご覧いただけるように、劇場内をいつもより少し明るくして上映します。
上映後には「HF&BELX」社のノンカフェインのルイボスティー3種の試飲会を実施します。


【日時】 2017年6月29日(木)上映10:30~ トーク12:10~
【ゲスト】 安藤哲也(NPO法人ファザーリング・ジャパン ファウンダー/代表理事)
出版社、IT企業などの転職を経て、NPO法人ファザーリング・ジャパン設立。「笑っている父親を増やしたい」と講演や企業向けセミナー、絵本読み聞かせなどで全国を歩く。管理職養成事業の「イクボス」で企業・自治体研修も多数開催。厚生労働省「イクメンプロジェクト推進チーム」顧問。三児の父。






【日時】 2017年7月1日(土)上映10:30~ トーク12:10~
【ゲスト】 井口佳子(私立中瀬幼稚園園長)
東京都杉並区の中瀬幼稚園園長。1978年に親から引き継いで以来、この園を地球の縮図にしたいと考え、親たちの協力のもと子供も大人も“ここにいるのが楽しい”という空間創りを進めてきた。屋敷林に囲まれた園地では、子供たちが樹齢100年以上の木に登り、小山を駆け上がり、焚火で味噌汁を作り、五感と身体能力を発達させ成長していく。国立音楽大学非常勤講師、実践女子大学非常勤講師を経て、大妻女子大学非常勤講師を勤める。

すべての子供に、素晴らしい人生のスタートを。

世界中、いろんな国のいろんな育児を見つめたドキュメンタリー。



世界の子育て最前線!
子供たちの成長に本当に必要なものは?


ブラジル出身のエステラ・ヘネル監督が9カ国のさまざまな家庭を訪問し子育ての現場を撮影しました。
育休を経て職場復帰時期に悩む母親、専業主夫となり二人の男の子を育てている元研究者、好条件の転職と娘の通学送迎が折り合わず悩んだ末に決断を下した父親、養子をとり育児中の驚きや喜びを語る夫婦、子育て中のレズビアンカップル、娘夫婦に代わって孫の面倒をみている中国の祖父母、ドラッグ中毒により子育てもままならない時期を経て立ち直った経緯を語る母親、両親を亡くし幼い兄弟の面倒をたった一人でみる少女など、さまざまな文化・民族・社会背景の子供たちの生き生きとした様子と、彼等を取り巻く大人のリアルな姿を映しだします。

さらに、児童心理学者、学習脳科学者、小児科医、精神分析医、経済学者、教師など様々な分野のスペシャリストたちへのインタビューも多数収録。乳幼児期の子供たちにとって、育つ環境だけでなく、周囲の人々とのかかわりの質と量が、その後の人生を左右するほど重要であることを伝えていきます。








いのちのはじまり:子育てが未来をつくる(2016年/ブラジル/96分/カラー/16:9/DCP/原題:O Começo da Vida)
監督:エステラ・ヘネル 
制作:マリア・ファリナ・フィルムズ 
提供:マリア・セシリア・ソート・ビジガル財団、バーナード・バン・リー財団、アラナ協会、ユニセフ 
後援:アショカ 、世界銀行グループ、UBSオプティマス財団、ジョンソンズ 、ハギーズ 、ナチュラ 、アミル 、ポンポン 、TAMブラジル航空 
配給・宣伝:アップリンク 
協力:日本ユニセフ協会 
Back to Top