『ジェーン・ドウの解剖』

上映中~7月21日(金)

【JD】Main
©2016 AUTOPSY DISTRIBUTION,LLC ALL RIGHTS RESERVED
日時
上映中~7月21日(金)
料金
一般¥1,800/学生¥1,500(平日学割¥1,100)/高校生¥800/シニア¥1,100/UPLINK会員¥1,000 ※R15+ 15歳未満はご鑑賞いただけません
作品分数
86分
リンク

〝ジェーン・ドウ″― それは〝身元不明の女性″のこと。
この〝美しい女性の死体″を決して解剖してはいけない・・・。


『トロールハンター』でカルト的な人気を誇るノルウェー人監督のアンドレ・ウーヴレダルを迎え、昨年開催された全米最大のジャンル映画の祭典ファンタスティック・フェストでベスト・ホラー賞の栄光に輝いた他、シッチェス映画祭では審査員特別賞を受賞した新たなホラー・ムービーの傑作。



【story】
バージニア州の田舎街、ベテラン検死官のトミーは、息子のオースティンと共に、死体安置所と火葬場を経営している。
ある夜、保安官からの連絡で、緊急の仕事が入る。
3人が惨殺され家屋の地下から、謎の美女の死体が発見されたのである。その美しい遺体は、“ジェーン・ドウ”と名付けられ、検視が始まった。
それは、よくある簡単な検死かと思われたが、解剖を進めるに従って、その遺体に隠された驚愕の事実が判明していく。


『ジェーン・ドウの解剖』(アメリカ/シネスコ/86分/+R15)
監督・脚本:アンドレ・ウーヴレダル 『トロール・ハンター』
出演:エミール・ハーシュ(『ローン・サバイバー』『イントゥ・ザ・ワイルド』)、ブライアン・コックス(『ボーン・スプレマシー』『猿の惑星:創世記』)
配給:松竹メディア事業部
©2016 AUTOPSY DISTRIBUTION,LLC ALL RIGHTS RESERVED


Back to Top