『スティールパンの惑星』

上映中~11月23日(木祝)

PAN! MAIN
日時
上映中~11月23日(木祝)
料金
一般¥1,800/学生¥1,500(平日学割¥1,100)/高校生以下¥800/シニア¥1,100/UPLINK会員¥1,000
作品分数
80分
リンク
日程
時間
11月23日(木)

18:20~19:40【最終日】【予告なし】【上映後スティールパン・ミニライブ】比嘉美由樹

購入する

上映後スティールパン・ミニライブを開催!

11月23日上映後ライブ:比嘉美由樹


比嘉美由樹 Higa miyuki
洗足学園音楽大学卒業 大学で打楽器を学ぶ中でスティールパンに出会う。
スクールコンサートやライブ、イベントで活動。また、スティールパン講師としてLessonも行う。
2011年、スティールパンのグループ「パンノウタ楽団」を結成。
いろんな仲間が集まり音楽を楽しんでいます。
現在3才の息子とのLifeも全力!
参加加グループ
■Tin Dollers(ティンダラーズ)
 沖縄出身のスティールパン奏者 當間由理子とラテンピアニスト白川ミナ、パーカッションの坪根剛介とのグループ
■パンノウタ楽団
 団長です!2011年春に結成、子育てしながら音楽をやろうといろんな仲間が集まりました。メンバー募集中!
■Pan・a・ce・a(パナシア) 
 山田園恵さんとのスティールパン女性ユニット




渡辺明応(Akio Watanabe)
1984年生まれ、千葉県出身。
ギターとスティールパンの演奏家。
2009年、WAIWAI STEEL BANDに加入。
2017年にはトリニダード・トバゴへ渡航、Starlift Steel Orchestraに参加しフロントラインで演奏する。レコーディングやライブサポートを中心に、多岐にわたる演奏活動を行っている。
Blog 

その音色は
空気をパラダイスに
変える


捨てられたドラム缶から生まれた世界でいちばん新しいアコースティック楽器
その創世と今を、時空を超えて描く
カリブ海最南端のちいさな島の音色が世界を変える



カーニバルの熱狂と興奮
カリブ海最南端のちっぽけな島
トリニダード・トバゴで生まれた
世界でいちばん新しいアコースティック楽器 スティールパン
その創世と今を、時空を超えて描く ドキュメントドラマ


ドラム缶を盗んでゲットーまでの坂道を駆け戻った
音楽が好きすぎる少年たちの冒険からすべてははじまった
1940年代、イギリスの植民地、アメリカの軍事基地だった島
スティールパンは貧困と抑圧のなかから生まれた
アフリカのドラムは禁止されていた
それでも音のでるものならなんでも、叩いて叩きまくる
そのリズムへの情熱が まったく新しい楽器を作りだした





暴力と抗争の時代を生きたレジェンドたちの
貴重なインタビューが
なぜこの楽器が生まれなければならなかったかを語る


そして今、スティールパンはピース&ラブのシンボルになった
世界一を決める大会、パノラマで150を超えるバンドが競いあう
そしてたった一曲のために
世界中からプレイヤーたちが集まってくる
120人編成のオーケストラがひとつになる夜
8分間のなかに永遠を探すために

アメリカ、フランス、日本、そしてトリニダードから
スティールパンに魅せられはじめてパノラマに参加する
プレイヤーたちを追いかけるドキュメントのなかで
現在と過去が交錯する



誰もレゲエミュージックを知らなかった時にやってきた映画
ハーダー・ゼイ・カムやロッカーズのように
この映画は新しい扉をあけるだろう
暴力と抗争の時代を生きた
レジェンドたちの貴重なインタビューが
なぜこの楽器が
生まれなければならなかったかを語る

世界には
まだ私たちの知らないパラダイスがある
そしてそこには音楽がある



『スティールパンの惑星』(2015年/トリニダード・トバゴ/英語、日本語、フランス語/カラー/80分/16:9/原題:PAN! OUR MUSIC ODYSSEY)
監督:ジェローム・ギオ&ティエリー・テストン
脚本:キム・ジョンソン
プロデューサー:ジャン・ミッシェル・ジベ
音楽ディレクター:ティエリー・プラネル
録音プロデューサー:渡辺洋一
キャスト:レイ・ホルマン、アンディ・ナレル、レン“ブグジー”シャープ、レナルド“レッド”フレドリック、エヴァ・ゴールドスティーン、二ノ宮千紘、ジョバンニ・クレアモント
Back to Top