『ふたりの旅路』 ※英語字幕版上映(ラトビア語部分は英語字幕になります。)

8月24日(木) 20:00上映   Thursday, August 24 8:00pm

main_500b
© Krukfilms/Loaded Films
日時
8月24日(木) 20:00上映   Thursday, August 24 8:00pm
料金
一律¥1,500 ※特別興行につき、シニア、学生料金、UPLINK会員、サービスデー、ポイント利用等の各種割引及び招待等無料鑑賞不可 (cannot be combined with other discounts)
作品分数
99分
リンク
日程
時間
8月24日(木)

20:00~21:39

購入する

上映後、この映画のプロデューサーの
ジェイソン・グレイ、水野詠子によるトークショーを開催いたします。


Post-Screening Talk (20min):
Jason Gray (Producer, Loaded Films), Eiko Mizuno-Gray(Producer, Loaded Films),

KIMONOがあの人を連れてきてくれた。



L Aを拠点に国内外で活躍する唯一無二の俳優・桃井かおり(『SAYURI』(05)、『ゴースト・イン・ザ・シェル』(17))と、世界の巨匠から熱いラブコールを受ける個性派俳優・イッセー尾形(『沈黙ーサイレンスー』(17))の、『太陽』(06)以来2度目となる豪華共演が実現した。
あることをきっかけに自分の殻に閉じこもってしまったケイコ(桃井かおり)。着物ショーに参加するために神戸を発ち、導かれるように北欧の地、ラトビアの首都・リガを訪れた。そこで、過去の震災で行方不明になっていた夫(イッセー尾形)と不思議な再会をする。
様々な場面で出没する夫、そして言葉も通じない異国の地での出来事に翻弄されるケイコ。
愛する人を失くした男女が、すれ違いながらもめぐりあう、おとぎ話。



初の長編監督作「Loss」が2008年上海国際映画祭で最優秀監督賞を受賞した、ラトビア出身マーリス・マルティンソーンス監督の新作。
桃井かおりとは3度目のタッグとなる。“新しい北欧”として注目を集めるラトビアと日本の初の合作となる本作品は、”バルト海の真珠”と讃えられ世界遺産に登録された首都リガと、その姉妹都市にあたる兵庫県神戸市で撮影された。
孤独を噛みしめながらケイコが食べた“おにぎり”と、美食の国として知られるラトビアの独創的な料理の数々がコントラストに登場する、まさに映画で旅する気分を味わえる。

The first ever feature film co-production between Japan and the Baltics, shot with the full cooperation of sister cities Kobe, Japan and Riga, Latvia. Reuniting with writer-director Maris Martinsons for the third time, Kaori Momoi (Ghost in the Shell, Memoirs of a Geisha) stars as a woman who’s been living a sheltered existence for decades due to family tragedies. When she travels to Riga to join a kimono show, her long lost husband re-appears… Co-starring Issey Ogata (Silence, The Sun).





【STORY】
不慮の事故により娘を亡くし、阪神・淡路大震災ですべてを失くしたケイコ(桃井かおり)は、自分の殻に閉じこもったまま1人淋しく神戸で暮らしていた。
震災から20年の月日が流れ、そんなケイコに大きな転機が訪れる。ラトビアの首都リガで開催される着物ショーに参加することになったケイコは、亡き娘の結婚式用にあつらえた黒留袖を携えて神戸の地をあとにする。
そこで突如、震災で行方不明になっていた夫(イッセー尾形)が、彼女の前に突然現れたのだ。
ラトビアで様々なサプライズが降り掛かるなか、彼との再会で彼女の止まっていた人生の時間が動き出すことになるのだった…。

60-something Keiko (Kaori Momoi) has been living in a shell since losing her daughter, and then her husband, decades ago. Unable to move on from the past, the modest act of eating, and the sensations it provides, are the only lifeline Keiko has. She reluctantly joins a group of Japanese women traveling to Northern Europe to participate in a kimono show in the fairytale-like art nouveau world of Riga. During the show, Keiko is suddenly confronted by a man who seems to be her long lost husband (Issey Ogata), who went missing in the Kobe earthquake of 1995. Gripped by confusion and despair, Keiko walks through the city and has chance meetings with people who seem drawn to this curious, kimono-clad woman and her culinary sensibility. Food bridges the language and culture gap, and with her husband at her side once again, Keiko gradually realizes how to have a future with the past.

『ふたりの旅路』※英語字幕版上映(ラトビア語部分は英語字幕になります。)
(原題:Magic Kimono 2016|ラトビア・日本|カラー|95分|シネマスコープ|DCP)
監督・脚本・編集:マーリス・マルティンソーンス
桃井かおり、イッセー尾形、アルトゥールス・スクラスティンス、マールティンシス・シルマイシュ、アリセ・ポラチェンコ、木内みどり、石倉三郎
© Krukfilms/Loaded Films
配給:エレファントハウス

MAGIC KIMONO (FUTARI NO TABIJI)
Latvia-Japan | Color | 99m | CinemaScope
Written, Directed, and Edited by Maris Martinsons
Kaori Momoi, Issey Ogata
Arturs Skrastins, Martins Sirmais, Alise Polacenko, Midori Kiuchi, Saburo Ishikura
Produced by Linda Krukle, Eiko Mizuno Gray, Jason Gray
© Krukfilms / Loaded Films
Distribution: Elephant House


Back to Top