『人生フルーツ』

上映中

JF-main
(C)東海テレビ放送
日時
上映中
料金
一般¥1,800/学生¥1,500(平日学割¥1,100)/高校生以下¥800/シニア¥1,100/UPLINK会員¥1,000
作品分数
91分
リンク
日程
時間
11月24日(金)

13:30~15:11

11月25日(土)

10:30~12:06

購入する

11月26日(日)

10:30~12:06

購入する

11月27日(月)

10:30~12:06

購入する

11月28日(火)

10:30~12:06

購入する

21:00~22:41

購入する

11月29日(水)

10:30~12:06【サービスデイ】

購入する

11月30日(木)

10:30~12:06

購入する

12月1日(金)

10:30~12:06【サービスデイ】

購入する

人生は、だんだん美しくなる。
津端修一さん90歳、英子さん87歳 風と雑木林と建築家夫婦の物語




愛知県春日井市の高蔵寺ニュータウンの一隅。雑木林に囲まれた一軒の平屋。それは建築家の津端修一さんが、師であるアントニン・レーモンドの自邸に倣って建てたもの。キッチンガーデンを彩る70種の野菜と50種の果実は、妻・英子さんの手で美味しいごちそうに変わる。刺繍や編み物から機織りまで、英子さんは何でもこなす。

かつて日本住宅公団のエースだった修一さんは、阿佐ヶ谷住宅や多摩平団地などの都市計画に携わってきた。1960年代、自然との共生を目指したニュータウン計画。けれど経済優先の時代はそれを許さず、完成したのは無機質な大規模団地。失望した修一さんはそれまでの仕事から距離を置き、自ら手がけたニュータウンに土地を買い、家を建て、雑木林を育てた——。
あれから50年、ふたりはコツコツ、ゆっくりと時をためてきた。そして、90歳の修一さんに新たな仕事の依頼がやってくる。



本作は東海テレビドキュメンタリー劇場第10弾。ナレーションをつとめるのは女優・樹木希林。ふたりの来し方と暮らしから、この国がある時代に諦めてしまった本当の豊かさへの思索の旅へと私たちを誘う。





風が吹けば、枯葉が落ちる。
枯葉が落ちれば、土が肥える。
土が肥えれば、果実が実る。
こつこつ、ゆっくり。
人生、フルーツ。





人生フルーツ(2016年|91分|HD|16:9|日本|ドキュメンタリー)
ナレーション:樹木希林
プロデューサー:阿武野勝彦 監督:伏原健之
音楽:村井秀清 音楽プロデューサー:岡田こずえ 撮影:村田敦崇 音声:伊藤紀明
オーサリング:山口幹生 TK:須田麻記子 音響効果:久保田吉根 編集:奥田繁
協力:日本映画専門チャンネル
製作・配給:東海テレビ放送 配給協力:東風

Back to Top