『散歩する侵略者』

上映終了

【メイン】sanpo_komanuki_2_shusei_0617
日時
上映終了
料金
一般¥1,800/学生¥1,500(平日学割¥1,100)/高校生以下¥800/シニア¥1,100/UPLINK会員¥1,000
作品分数
129分
リンク

世界は終わるのかもしれない。それでも、一緒に生きたい。



国内外で常に注目を集める黒沢清監督が劇作家・前川知大氏が率いる劇団イキウメの人気舞台「散歩する侵略者」を映画化。
数日間の行方不明の後、夫が「侵略者」に乗っ取られて帰ってくる、という大胆なアイディアをもとに、誰も見たことがない、新たなエンターテインメント作品が誕生。夫の異変に戸惑いながらも夫婦の再生のために奔走する主人公・加瀬鳴海に長澤まさみ。侵略者に乗っ取られた夫・加瀬真治に松田龍平。一家惨殺事件の取材中に侵略者と出会うジャーナリスト・桜井に長谷川博己。桜井が密着取材を申し入れる若き侵略者たち―天野に高杉真宙、立花あきらに恒松祐里。5人は黒沢組初参加、それぞれが映画初共演という新鮮な顔合わせ。さらに前田敦子、満島真之介、児嶋一哉、光石研、東出昌大、小泉今日子、笹野高史ら豪華オールスターキャストの競演が実現した。


【STORY】ある日、妻は夫に告白される。「地球を侵略しに来た」と。

数日間の行方不明の後、不仲だった夫がまるで別人のようになって帰ってきた。急に穏やかで優しくなった夫に戸惑う加瀬鳴海(長澤まさみ)。夫・真治(松田龍平)は会社を辞め、毎日散歩に出かけて行く。一体何をしているのか…? その頃、町では一家惨殺事件が発生し、奇妙な現象が頻発する。


≪家族≫≪仕事≫≪所有≫≪自分≫

彼らは私たちの大切な≪概念≫を奪っていく。




『散歩する侵略者』(2017年/日本/日本語/129分/シネスコ/カラー/DCP)
監督:黒沢清
原作:前川知大「散歩する侵略者」
出演:長澤まさみ、松田龍平、長谷川博己、高杉真宙、恒松祐里ほか
配給:松竹/日活


Back to Top