【見逃した映画特集2017】『ハローグッバイ』

上映終了

メイン
©2016 Sony Music Artists Inc.
日時
上映終了
料金
一般¥1,300/学生・シニア¥1,100/UPLINK会員¥1,000 ※特別興行の為パスポート会員使用不可、サービスデー適応外
作品分数
80分
リンク
【舞台挨拶開催決定!!】
1月19日(金)15:50の回上映終了後
登壇者:菊地健雄監督、加藤綾子(脚本)、内田わか(企画・プロデューサー)

友達ってなんですか?
噂、SNS、壊れやすい心、日々を変える出会い。
少女たちが見つけた本当の絆とはーーー


初監督作品『ディアーディアー』が第39回モントリオール世界映画祭に正式出品され華々しいデビューを飾った菊地健雄監督。
監督2作目となる『ハローグッバイ』では、思春期の少女たちの繊細な心模様を透明感溢れる世界観で描き上げ、第29回東京国際映画祭・日本映画スプラッシュ部門に選出された。
主人公の2人を演じたのは、TBSドラマ『表参道高校合唱部!』にて人気を博し、最近では映画『昼顔』など話題作の出演が続く萩原みのりと、NTTドコモ「iPhone・iPad」のCMで注目され、NHK連続テレビ小説『べっぴんさん』に抜擢された久保田紗友。
今をときめく若手女優が初タッグを組み、心の内に影を潜める難しい役どころを演じる。そして、2人を繋ぐ認知症のおばあさん役にもたいまさこ、おばあさんの旧友役に木野花、認知症の母に悩まされる娘役に渡辺真起子など実力派女優が物語に厚みを加える。
また主題曲と劇中音楽は、キーボーディスト・渡辺シュンスケ(Schroeder-Headz)が担当。菊地監督とのこだわり抜いた楽曲制作が、本作のキーポイントとも言える美しいメロディーを生み出した。

高校生のはづきと葵は、同じ教室にいながら交わることの無いクラスメートだ。葵は、クラスで「委員長」と呼ばれる優等生だが、仕事で忙しい両親を持つために家ではいつも孤独である。その寂しさを紛らわせる為に万引きを繰り返していることは、誰にも言えない秘密だ。一方はづきは、クラスでも目立つ存在だが、元彼との間に子供が出来てしまったのではないかと一人悩んでいた。そんな二人は、ある認知症のおばあさんと出会い、想いを伝えたれなかった初恋の人にラブレターを渡したいというおばあさんの為に一緒に初恋の人を探そうと決める。




『ハローグッバイ』(2016年/日本/80分/1.1.66/5.1ch/カラー)
監督:菊地健雄   
脚本:加藤綾子  
音楽・主題曲:渡辺シュンスケ(Schroeder-Headz)
製作・提供:Sony Music Artists Inc.
配給:アンプラグド


Back to Top