『唾と蜜』

上映中~4月6日(金)

main_rogo_nashi
日時
上映中~4月6日(金)
料金
一般¥1,800/学生¥1,500(平日学割¥1,100)/高校生以下¥800/シニア¥1,100/UPLINK会員¥1,000
作品分数
80分

HIPHOPのアート性、その裏に潜むアングラ世界…
監督自らの実体験を織り込み、
一人の青年の心の葛藤を描いた渾身の衝撃作!!



「唾と蜜」逆から読むと「罪と罰」…最先端の音楽性と、暗喩を散りばめた文学性が融合。


私立大3回生の吉幸。毎日は退屈だった。持て余す時間と物足りない刺激は、覚えたばかりのセックスとパチンコで誤魔化していた。そんな折り、パチンコ屋でタチの悪そうな男に絡まれる。身の危険を感じたが、男が中学時代の同級生ノブだと気づき事なきを得る。呑みに行き語らううち、ノブが声を用いてあらゆる音を表現するヒューマンビートボクサーであることを知る。HIPHOP、ブレイクビーツの魅力に目覚めた吉幸は、ノブの勧めでクラブ通いを始める。そこで出逢うCLUB ALBAのオーナー兼、麻薬の売人でもある男チバの不思議な魅力に惹かれる。ようやく、オンガクという目標を見つけた吉幸だが…

今年メジャーデビューも果たした注目のラッパーEINSHTEIN。ヒューマンビートボックス日本王者・世界大会出場経験を持つ、唯一無二のビートボックスアーティトSh0h。そのほか、レペゼン関西の人気ラッパー陣、阿修羅MIC、CIMA、Wiily Wonka a.k.a. taka、かしわ、Young Coco、三日月らに加え、人気ダンスクルーPOKER☆FACE、DMC日本王者DJ TAIJI(T-SKRABBLE DJ’S)らが出演。


『唾と蜜』(2017年/日本/80分/日本語)
監督・脚本・演出:牧賢治
撮影監督:四方田俊典
音楽監督:新山智宏
出演:EINSHTEIN、Sh0h、かなたなりせ、藤井誠士、風太郎、木全昌子、渋谷かおり、Elliot Clopton、おかだまるひ、ほか


Back to Top