『ラ・チャナ』

7月21日(土)~ロードショー

main
©2016 Noon Films S.L. Radiotelevisión Española Bless Bless Productions
日時
7月21日(土)~ロードショー
料金
一般¥1,800/学生¥1,500(平日学割¥1,100)/高校生以下¥800/シニア¥1,100/UPLINK会員¥1,000
作品分数
83分
リンク

笑い、吠え、踊り、生きる!

スピード、表現力、パワーに満ちた革新的なフラメンコスタイルで世界中からラブコールが巻き起こった唯一無二のアーティスト、ラ・チャナ。




世界の映画祭で観客賞を受賞!
人々の心を震わせ、笑顔にする、愛すべき情熱の塊。


若くしてその才能を開花させたラ・チャナ(本名アントニア・サンティアゴ・アマドール)は、18歳で結婚・出産。夫がマネージャーとなりフラメンコダンサーの活動をつづけた。ダリを魅了し、映画『無責任恋愛作戦』で共演したピーター・セラーズにハリウッドに招かれるも、封建的なヒターノ※社会で女性が自らの意見を言うことは許されず、彼女がハリウッドに進出することはなかった。その後も彼女の人気は衰えることを知らず、テレビ出演や世界ツアーなど、全てのアーティストが目指す頂点にいたラ・チャナだったが、ある日突然、表舞台から姿を消した。



結婚、出産、人気の絶頂で引退。
なぜ、彼女はキャリアの頂点で表舞台から姿を消したのか?


本作では、彼女をとりまく状況を丁寧に解き明かしていく。結婚、出産、キャリアの頂点での引退、男性社会で女性が活躍することの難しさ、家庭内暴力、そしてどん底からの復帰と、人生を共に歩む運命の相手との出会い、迫りくる老い。ラ・チャナの人生は困難に満ちたものだったかもしれない。しかし、絶望すら受け入れ前に進む強さを彼女は教えてくれる。画面からあふれださんばかりのパワフルな踊りとチャーミングな人柄、そして生み出す言葉の一つ一つが私たちを魅了する。


『ラ・チャナ』(2016年/スペイン、アイスランド、アメリカ/83分/カラー、モノクロ/16:9)
監督:ルツィア・ストイェヴィッチ
出演:ラ・チャナ、アントニオ・カナーレス、 カリメ・アマヤ、ほか
提供・配給・宣伝:アップリンク 
提供・宣伝:ピカフィルム


Back to Top