『ミスミソウ』

上映中~7月20日(金)

misumisou.main
©2017 「ミスミソウ」製作委員会
日時
上映中~7月20日(金)
料金
一般¥1,800/学生¥1,500(平日学割¥1,100)/高校生以下¥800/シニア¥1,100/UPLINK会員¥1,000 
作品分数
114分
リンク

\トークショー&舞台挨拶決定/

7月18日(水)
上映後トークショー&『許された子どもたち』特別映像上映
ゲスト:内藤瑛亮(本作監督)、田坂公章(プロデューサー)

東京初、『許された子どもたち』特別映像上映決定!7/18(水)『ミスミソウ』上映後トークイベントにて、内藤瑛亮監督の次回作『許された子どもたち』の特別映像を上映。さらにメイキング・オブ・『許された子どもたち』の一部もお見せします。アップリンク渋谷限定上映!この機会をお見逃しなく!

7月20日(金)
上映後舞台挨拶
ゲスト:内藤瑛亮(本作監督)、田坂公章(プロデューサー)



<来場者特典>

原作者、押切蓮介先生書き下ろしイラストの特製ポストカードをプレゼントいたします(先着順、無くなり次第配布終了)。


卒業まであと2ヶ月―。私ね、人を殺したの。

人気漫画家・押切蓮介の代表作、
伝説のコミック『ミスミソウ 完全版』を実写映画化!



今、最も勢いのある女優として注目を集めている若手の一人・山田杏奈が映画初主演を射止めた!主人公・春香を学校で支えている唯一の味方・相場晄役を、映画「渇き。」、「ちはやふる 上の句/下の句」など、話題作に立て続けに出演している大注目の若手俳優・清水尋也が演じる!「ライチ☆光クラブ」「先生を流産させる会」など少年少女を主人公としたクライムサスペンスの名手・内藤瑛亮監督の最高傑作!雪に覆われた過疎の町。逃げ場のない抑圧された環境の中、虐待、いじめなど様々なトラウマを抱えた人々の感情が複雑に交錯し、ある日、壮絶な悲劇が起きた―。



【ストーリー】

東京から田舎に転校してきた主人公・野咲春花(山田杏奈)は“部外者”として扱われ、壮絶なイジメを受けていた。

春花の唯一の味方は、同じように転校してきたクラスメイトの相場晄(清水 尋也)。彼を心の支えに必死に耐えてきた春花だが、クラスの女王的存在、小黒妙子(大谷凜香)の取り巻きのイジメグループによる嫌がらせは日に日にエスカレートしていった。
そして、ある日、激しく燃え上がる炎が春花の家を覆い尽くす。妹・祥子は大火傷を負いながらも助かったが、両親は命を落としてしまった。思いもよらない悲劇に遭遇した春花の心は、崩壊する ─ 。やがて事件の真相が露見することを恐れたイジメっ子達は春花に自殺するよう強要するが、それがきっかけとなって春花は事件の真相を知り、家族を奪ったイジメっ子達に己の命を賭けた凄惨な復讐を開始するのだが…。厳しい冬を耐え抜いた後に雪を割るようにして咲く花、三角草(ミスミソウ)。春花はミスミソウのように厳しい冬を耐えて、きれいな花を咲かせることができるのか…。春花が選んだ道とは・・・。


『ミスミソウ』(2017年/日本/カラー/シネスコ/5.1ch/114分/レーティング:R-15)
監督:内藤瑛亮
原作:押切蓮介「ミスミソウ 完全版」
脚本:唯野未歩子
主題歌:タテタカコ「道程」(バップ)(双葉社刊)
制作プロダクション:レスパフィルム
配給:ティ・ジョイ


Back to Top