映画『わたしの名前は...』 アニエスベーがアニエス・トゥルブレという本名で初監督した珠玉の作品!

ほんとうのことは、誰にも秘密。

監督・脚本・撮影・美術
アニエス・トゥルブレ(アニエスベー)

ほんとうのことは、誰にも秘密。

映画『わたしの名前は...』 アニエスベーがアニエス・トゥルブレという本名で初監督した珠玉の作品!

監督・脚本・撮影・美術:アニエス・トゥルブレ(アニエスベー)

ゲストカメラマン:ジョナス・メカス/音楽:デビッド・ダニエル、ソニック・ユース/オリジナル音楽:ジャン=ブノワ・ダンケル(Air)
出演:ルー=レリア・デュメールリアック、シルビー・テステュー、ジャック・ボナフェ、ダグラス・ゴードン、アントニオ・ネグリ
(2013年/フランス/126分/カラー、一部モノクロ/16:9/DCP/原題:Je m'appelle Hmmm…)/提供:アニエスベー 配給、宣伝:アップリンク

『わたしの名前は...』

2015年10月31日(土)、渋谷アップリンク、角川シネマ有楽町ほか、全国順次公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NEWS

映画の感想を投稿してアニエスベーからのプレゼントをGET

Twitter・facebook・Instagramに、ハッシュタグ「 #わたしの感想」をつけて、映画の感想を投稿ください。素敵な感想を書いて下さった方20名様に非売品のアニエスベーネックレスをプレゼント!
※SNS経由で当選のご連絡をさせていただきます。

【プレゼント】
■アニエスベー非売品ネックレス 20名様
「ALL WE NEED IS LOVE」のメッセージ入り!スペシャルレアアイテムです。

【応募期間】
2016年1月12日(火)午前10時まで

映画『わたしの名前は…』公式アカウント
Facebookhttps://www.facebook.com/mynameis.jp
Twitterhttps://twitter.com/mynameis_movie
instaglamhttps://instagram.com/uplink_film/

ボーダー割のご案内

アニエスベーの代表的アイテム​、​ボーダーの服を着て映画を観よう!!ボーダーの服を着て、劇場受付にて「ボーダー割」のご利用を申告してください。ご本人様のみ、映画『わたしの名前は...』当日一般料金おひとり1,800円のところ、1,500円にてご覧いただけます。

実施劇場
角川シネマ有楽町(東京)、渋谷アップリンク(東京)、ジャック&ベティ(横浜)、センチュリーシネマ(名古屋)
その他の劇場については公式HPの劇場情報にてお知らせいたします。

※当日窓口で一般料金チケットをお求めの方に限ります
※前売券、オンラインチケットサービスのご利用の方は適用外です
※他の割引サービスとは併用できません
※アニエスベーのボーダーでなくても可能です

Tシャツ、トートバッグ限定発売!!

映画のチラシビジュアルにも使用したフランス人のアーティスト、ジュリアン・ランゲンドルフによる映画の挿入画をプリントしたTシャツとトートバッグです。

◇Tシャツ
10,800 円(税込)サイズ:S,M,L,XL
◇トートバッグ
7,560 円(税込)ONE SIZE

2015年10月7日(水)よりアニエスベー各店、渋谷アップリンクほか一部公開劇場にて販売

ファッション・デザイナーとして知られるアニエスベーが
アニエス・トゥルブレという本名で初監督した珠玉の作品!

ファッション・デザイナーとして知られるアニエスベーが アニエス・トゥルブレという本名で初監督した珠玉の作品!

これまでにハーモニー・コリン作品のプロデュースや、デヴィッド・リンチ監督作品『マルホランド・ドライブ』やクエンティン・タランティーノ監督作品『パルプ・フィクション』など数々の映画で衣装をデザインするなど、映画に情熱を注ぎ続けてきたアニエスベーが、満を持して自身の作品を製作。いくつもの素材で洋服を仕立てるように、様々なカメラで撮影された異なる映像のテクスチャーによりスケッチを重ねていく。


家を飛び出した少女と、トラック運転手。奇妙なふたりのロードムービー。

映画は、あっと驚く結末へ向かって進んでいく。主人公の12歳の少女は父親から虐待を受けていた。ある日、学校の遠足で出かけた海辺で偶然停まっていたトラックに乗り込んだ彼女は、スコットランド人のトラック運転手と共に逃避行に出る。フランス語と英語、言葉が通じない2人は、次第に心を通わせていくが…。10年以上前に新聞で読んだとある事件の記事をきっかけに、アニエスべー自身が脚本を書いた、瑞々しいロードムービー。


ジョナス・メカス、ソニック・ユース、アントニオ・ネグリ・・・アニエスベーならではの豪華参加陣!

撮影はアニエスベーの友人たちの協力を得てパーソナルなユニットで行われた。『ジダン/神が愛した男』の監督で現代美術家のダグラス・ゴードンがトラック運転手を演じ、音楽にはフランスのエレクトロポップ・デュオ、エール(Air)のジャン=ブノワ・ダンケルが参加、米オルタナティブ・ロック界の最重要バンド、ソニック・ユースも未発表音源を提供している。また、アメリカン・アンダーグラウンドを代表する映画監督、ジョナス・メカスが撮影したシーンには、イタリアの政治哲学者アントニオ・ネグリが出演するなど、アニエスベーならではの豪華アーティスト、文化人たちが集結した。




TRAILER

FLYER

『わたしの名前は...』 『わたしの名前は...』
『わたしの名前は...』 『わたしの名前は...』