映画『氷上の王、ジョン・カリー』

映画『氷上の王、ジョン・カリー』

映画『氷上の王、ジョン・カリー』

映画『氷上の王、ジョン・カリー』

2019年5月31日(金)
新宿ピカデリー、東劇、アップリンク渋谷、アップリンク吉祥寺ほか全国順次公開

監督:ジェイムス・エルスキン
出演:ジョン・カリー、ディック・バトン、ロビン・カズンズ、ジョニー・ウィアー、イアン・ロレッロ
ナレーション:フレディ・フォックス
(2018年/イギリス/89分/英語/5.1ch/原題:The Ice King)
字幕翻訳:牧野琴子/字幕監修・学術協力:町田樹

  • Tweet

アップリンク吉祥寺ギャラリー 企画展

伊藤聡美 衣装展“The Art of Costume Design”

映画『氷上の王、ジョン・カリー』

トップスケーターの衣装を手がけてきたデザイナーの伊藤聡美さんによる衣装展を開催。伊藤さんが手がけた、宮田大地さん・木原万莉子さん・岩元こころさん元選手が実際に競技で着用した計3点の貴重な衣装を展示。現代にも受け継がれる、ジョン・カリーの追求した“芸術” を垣間見ることができる企画展です。

日程:2019年5月31日(金)~
場所:アップリンク吉祥寺(東京都武蔵野市吉祥寺本町1丁目5−1パルコ地下2階)
詳細はこちら


6月11日(火)公開記念イベント

ジョニー・ウィアー氏の登壇が緊急決定!
「自分らしく生きるために」

映画『氷上の王、ジョン・カリー』

日程:2019年6月11日(火)
時間:18:45開場/19:00上映スタート/21:20終了予定
場所:新宿ピカデリー(東京都新宿区新宿3丁目15−15)
登壇:ジョニー・ウィアー(プロスケーター)
司会:蒲田健(MC・パーソナリティー)
料金:3,500円 お土産「映画ポストカードセット」付き(全席指定)

チケット発売:e+(イープラス)
[プレリザーブ] 2019年5月24日(金)12:00~5月26日(日)18:00
[一般発売] 2019年6月8日(土)10:00
詳細はこちら


5月9日(木)ジャパンプレミア

町田樹氏、宮本賢二氏が登壇
「未来へと受け継がれるジョン・カリーの魂」

映画『氷上の王、ジョン・カリー』

日程:2019年5月9日(木)
場所:新宿ピカデリー(東京都新宿区新宿3丁目15−15)
登壇:町田樹(慶應義塾大学・法政大学非常勤講師)、宮本賢二(振付師)
司会:蒲田健(MC・パーソナリティー)

※イベントは終了しました。


熱い要望にお応えして緊急配信&放送決定!

5月9日(木)新宿ピカデリーで行われたジャパンプレミアの町田樹さん、宮本賢二さんによるトークを下記でご覧いただけます。

J SPORTSオンデマンド

[LIVE配信] 2019年5月9日(木)20時30分~
[見逃し配信] 2019年5月10日(金)~6月30日(日)好評につき配信期間延長!
詳細はこちら

*配信時間は変更になる場合があります。
*LIVE配信&見逃し配信ともにノーカットでお届けします。

アップリンク・クラウド

[無料配信] 2019年5月25日(土)13時~6月3日(月)13時まで
詳細はこちら

J SPORTS 4(CSチャンネル)

[放送] 2019年6月3日(月)23時~23時30分
詳細はこちら

映画『氷上の王、ジョン・カリー』劇場パンフレット

劇場パンフレット

A4/カラー/32頁/¥900(税込)
5月31日(金)より公開劇場にて発売
Amazonでの購入はこちら

イントロダクション
シノプシス
ジョン・カリーのプロフィール
プロダクションノート
監督インタビュー
スタッフ&キャスト
劇中の演目
町田樹「ジョン・カリーの生涯とその困難──映画の余白によせて」
村山久美子「スケートを舞踊芸術にしたカリーの功績」
北丸雄二「時代を超えて生き継ぐもの」
佐藤信夫コーチに聞く──男子のフリー・スケーティングを新しい世界に導いたジョン・カリーの衝撃
スペシャル対談〔町田樹×宮本賢二〕“未来に受け継がれるジョン・カリーの魂”


僕の魂には、
才能と同じだけ悪魔が宿っている

アイススケートを「スポーツ」から「芸術」へと昇華させた、伝説の五輪フィギュアスケート金メダリスト、その知られざる光と影。

アイススケートをメジャースポーツへと押し上げ、さらに芸術の領域にまで昇華させた伝説の英国人スケーター、ジョン・カリー。彼はバレエのメソッドを取り入れた演技で、1976年インスブルック冬季五輪フィギュアスケート男子シングルの金メダルを獲得する。しかし、マスコミが真っ先に伝えたのは、表に出るはずのなかった彼のセクシュアリティだった。同性愛が公的にも差別されていた時代に、ゲイであることが公表されたメダリストの存在は、世界中を驚かせ論争を巻き起こす。しかし、彼は華麗な滑りで多くの人を魅了し続け、現在の日本人スケーターにも影響を与えている。


偏見に屈することなく高みを目指し、人を遠ざけながらも愛に飢え、滑り、踊り続けた男の物語。

映画はアスリートとしてのカリーだけでなく、栄光の裏にあった深い孤独、自ら立ち上げたカンパニーでの新たな挑戦、そして彼を蝕んでゆく病魔AIDSとの闘いを、貴重なパフォーマンス映像と、本人、家族や友人、スケート関係者へのインタビューで明らかにしていく。新たに発掘された、ホームビデオで撮影された彼の最高傑作『ムーンスケート』について監督のジェイムス・エルスキンは「どんなスケートより美しく心を打たれた。これをみて感動を覚えない人はいないだろう」と語っている。

これは、時代に翻弄され不当な扱いを受けながらも、屈することなく高みを目指し、人を遠ざけながらも愛に飢え、滑り、踊り続けた男の物語。


エキサイティングで美しい!
“氷上の王”が私たちの心に再び舞う。
BBC London

彼が僕を創った。ありのままでいられる僕を。
ジョニー・ウィアー

TRAILER

SPECIAL

監督:ジェイムス・エルスキンJames Erskine

英国生まれ。オックスフォード大学で法律を学んだ後、脚本家・映画監督に転身。BBCアーツで映像作りをスタートした。2001年にBBCで放送されたドキュメンタリー番組『Human Face』がエミー賞にノミネートされる。長編映画デビュー作となったサイコスリラー『EMR』(2004/ダニー・マカルーとの共同監督)で、レインダンス映画祭審査員賞やワシントンDCインディペンデント映画祭観客賞などを受賞。人気BBCドラマ『秘密情報部 トーチウッド』(2006)や『ロビン・フッド』(2007)では数話の監督を担当。2009年に映画制作会社ニューブラックフィルムズを設立。代表作は、1990年のワールドカップイタリア大会を描いた『One Night in Turin』(2010)、早逝したロードレーサーのマルコ・パンターニを追ったドキュメンタリー『パンターニ/海賊と呼ばれたサイクリスト』(2014)、伝説的なクリケット選手サチン・テンドルカールを描いた『Sachin: A Billion Dreams』(2017)など。スポーツや芸術の感動の裏側に秘められた物語や社会・政治問題をテーマにしたドキュメンタリー作品を得意としている。

監督の言葉

私が常に描いていたビジョンとは、パフォーマンスを映画の中心に置くことで、カリーが自分の人生をそのまま演技として表現する姿をスクリーン上で描くことだった。きらめく銀盤の上で、彼の演技を通して栄光と悲劇を語り、なめらかに、そして優美に表現したかった。彼がオリンピックのチャンピオンになったのは、自由に表現できるアーティストになるために必要なプロセスだったのだ。様々な彼のパフォーマンスを紹介しながら、卓越した才能を持ちながらも苦しみ抜いた男の物語を紡ぎ上げた。

映画の3分の2がアーティストやスポーツ選手としての苦悩の物語だとすれば、残り3分の1は社会や家族に自身のセクシャリティを抑圧された男の物語といえる。人間として根本的なところがおかしいと実の父親から非難され続けたことによる精神的影響は計り知れず、その記憶がカリーを自滅の道へと駆り立てた。ギリギリのところでバランスを取るのは実に難しいことだったのだ。

我々は、この作品を記憶と喪失、命のはかなさの本質を伝える物語にしたかった。見る者をくぎ付けにし、ときに衝撃を与えたひとりの男の芸術性への熱意と心の内、そして決意を描いた物語だ。

ジョン・カリーJohn Curry

1949年9月9日、イギリス・バーミンガム生まれ。部品工場を営む家に、ふたりの兄とともに育つ。厳格な父親には「男らしくない」とバレエを習うことは許されなかったが、アイススケートは許可され、7歳のときにレッスンを始める。

卓越した身体能力と革命的な振付で、1971年と、1973年から76年まで全英チャンピオンに輝く。1976年にアマチュアとしてのキャリアの頂点に達し、英国大会、ヨーロッパ選手権で優勝、さらにインスブルック(オーストリア)でおこなわれた冬季五輪でも金メダルを獲得し、次いで世界選手権でも優勝。これは、五輪で英国がフィギュアスケート男子シングルで獲得したはじめての金メダルとなった。

1976年の世界選手権のあと、プロに転向。従来のダンス・カンパニーの興行と同形式の自身のツアー・カンパニーを起ち上げ、のちに振付師として活躍することになるローリー・ニコル、リー・アン・ミラーなどが参加。トワイラ・サープ、サー・ケネス・マクミラン、ピーター・マーティンスなどバレエ、ダンスの高名な振付師とともに活動した。

1987年にHIVと診断され、1991年にエイズ発症。同年引退。1994年4月15日、エイズによる心臓発作のため英国ウォリックにて44歳で死去。

John Curry

COMMENTS

敬称略・順不同

伊藤みどり

アルベールビル五輪銀メダリスト

フィギュアスケートを新しい時代へと導くには、大変な努力と勇気、そして誰しもの心に永遠に残るようなインパクトが必要です。 ジョン・カリー氏はまさに芸術の領域を奥深く探り、フィギュアスケートの概念を変えるほどの演技を残して下さいました。 彼なくして、今みなさんが心を震わせて鑑賞している美しいフィギュアスケートは存在しなかったことでしょう。 スケートにおける芸術とは何なのかを考え直す機会になる作品です。

町田樹

慶應義塾大学・法政大学非常勤講師

ジョン・カリーは、ともすれば「男が華やかに踊るなんてみっともない」と揶揄されるような時代に、芸術としてのフィギュアスケートをその生涯をもって追求し続けた孤高のスケーターである。

この映画では、貴重な映像資料や身近にいた者の生の証言によって、様々な困難に抗いながらもアーティストとして生き抜いたカリーの人生を、彼が紡いできた珠玉の作品群と共に色鮮やかに甦えらせていく。

だが一方で、私はその華やかな舞台の裏で彼が一人抱えていた葛藤を目の当たりにした時、このスポーツを取り巻く諸問題が、未だ根本的に解決されていないことに愕然とするのである。私たちは、今もなお多くのスケーターがカリーと同じような芸術上の葛藤を抱えて氷上に立っていることを、決して忘れてはいけない。

佐藤信夫

日本フィギュア・スケーティング・インストラクター協会会長

競技会の中で、あそこまで本格的に氷上でバレエを表現した人は、私の記憶にはいませんでした。ジョン・カリーは、男子のフリー・スケーティングを新しい世界に導きました。(インタビューより抜粋)

佐野稔

フィギュアスケート評論家

1972年札幌オリンピック、ここで初めてジョン・カリーという選手を見た。
長髪をなびかせて滑るその姿は衝撃的でその恰好良さは劇的だった。
その後1976年まで同じ試合で戦ってきたが、彼のコンパルソリーは天下一品で常に僕の目標だった。
これは彼の才能の根源を掘り下げた映画である。
プロスケーターとして一緒に滑ることが出来なかったのを誠に残念に思った。

松村充

KOSÉ新横浜スケートセンター専属インストラクター/1976年インスブルック五輪男子シングル日本代表

フィギュアスケートに求め続ける自分の表現・想い・感覚・感情・愛などを、彷徨いながら追い続ける情熱と信念は、スポーツの世界観を超えた芸術のようだ。理想と現実のギャップに翻弄されながら苦しみ立ち向かう姿は、彼の人生そのもののように思える。

一人の人生をかけた計り知れない時間と思いが作り出した表現は、現在のフィギュアスケートに大きな影響を与えるとともに、アーティスティック要素の基盤になり、重要な結果として評価され続けることだろう。この作品は、スケートの歴史を知るとともに、フィギュアスケートの本質を理解する上でも貴重な内容になっている。スケーターの評価とは、ジャンプやスピンのエレメンツだけではないコンポジションの重要性を感じることだろう。

魔夜峰央

漫画家、『パタリロ!』『翔んで埼玉』原作者

ドビュッシーの「牧神の午後」から始まる本作。
フィギュアスケートは好きで拝見するのだが、音楽を技のきっかけにしか使用していないのでは?と思うことがしばしば。
もちろん難度の高い技が決まり、着氷が成功することは素晴らしいのだが私が惹かれるのは、選曲し、振付、表現するまでの芸術性や統一感。
演者の個性が花開くには必須と感じている。
氷上の「牧神の午後」はニジンスキー、ロビンスにも匹敵な出来である。
ジョン・カリーの舞は音楽性に溢れ、情緒的で曲の神髄を表しており、彼の踊ることへの愛と類まれな才能で私たちを魅了する。
「牧神…」や「シェヘラザード」を踊る姿は氷上のヌレエフというよりニジンスキー。
自らのカンパニーのダンサーに恋をされる姿はバランシンのようである。
カンパニーへの当代一の芸術家を招くのはバレエ・リュスのようでもある。
彼が居なければ今日のジョニー・ウィアー、羽生結弦の流れはなかったかもしれない。
LGBTに広く認められ、エイズの認識も世に広まった現代に彼が生きていたらと残念でならない。

上野水香

バレエダンサー・東京バレエ団プリンシパル

フィギュア金メダリストの彼が、芸術スポーツとしての価値を見出し、ついにはMETに氷を敷きつめ生オーケストラで氷上に舞う彼の芸術スケートを讃え沸きに沸く劇場。無理としか思えない領域へ堂々と進み、成功させるさまが格好いい。先駆者であるがための苦悩や、バレエの基礎が完璧であることが見た瞬間にわかる彼の美しいスケーティングも見どころ。

柄本弾つかもとだん

バレエダンサー・東京バレエ団プリンシパル

氷上と舞台、ステージや時代は違いますが同じ舞踊の表現者として彼の物語に引き込まれてしまいました。苦難を越えアイススケーティングを大きく変えた彼のセンスと努力、意地に拍手です!

武田砂鉄

ライター

私たちは、アスリートに対して、身勝手な物語をぶつける。その物語に勝手に落胆し、勝手に感動する。消費されていくなかで、選手の身体が痛み始める。銀盤の上に残された孤独を知るとき、これまで自分が向けてきた眼差しの危うさに気づく。

杉山文野

フェンシング元女子日本代表/NPO法人 東京レインボープライド共同代表理事

スポーツには様々な戦いがある。
相手との戦い、自分との戦い、そして社会との戦い。
ジョンの戦いは、スケートを超え、性別を超え、あらゆる壁を壊した。
強い意志と感動は歴史をも変える。
2020という大きな戦いで私たちは何に挑戦し、何を壊し、そして次世代に何を伝えるのか。
ジョンの人生、この作品からの学びを大切にしたい。

PELI

DJ / デザイナー

スポーツ界において男性が美しく優雅に表現する事が評価されるという今の常識を作った彼は、当時はとんでもない異端児だっただろう。しかし人並み外れた才能と相反する、人と同じ様に愛を求める姿がとても魅力的に見えた。彼の言う“魂の悪魔”とは彼自身の孤独であり、そして美しさでもあると感じた作品。

映画『氷上の王、ジョン・カリー』

監督:ジェイムス・エルスキン(『パンターニ/海賊と呼ばれたサイクリスト』)
出演:ジョン・カリー、ディック・バトン、ロビン・カズンズ、ジョニー・ウィアー、イアン・ロレッロ
ナレーション:フレディ・フォックス(『パレードへようこそ』『キング・アーサー』)
(2018年/イギリス/89分/英語/DCP/16:9/5.1ch/原題:The Ice King)
字幕翻訳:牧野琴子/字幕監修・学術協力:町田樹 配給・宣伝:アップリンク
©New Black Films Skating Limited / ©2018 Dogwoof 2018