2016年配給作品

オマールの壁

2016年4月16日(土)より、角川シネマ新宿、渋谷アップリンクほか全国順次公開

main_s
  • この作品は自主上映可能です

    料金など詳細については自主上映のご案内のページをご覧ください

原題
OMAR
劇場公開日
2016年4月16日
国内配給期限
2022年2月28日まで
作品分数
97分
上映素材
リンク
予告編
YOUTUBE

イントロダクション

2005年の『パラダイス・ナウ』で自爆攻撃へ向かう若者たちを描き、ゴールデングローブ賞外国語映画賞を受賞、アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされたパレスチナ人監督ハニ・アブ・アサドによる本作は、分離壁で囲まれたパレスチナの今を生き抜く若者たちの日々を、切実に、サスペンスフルに描く。カンヌ国際映画祭をはじめ、多数の映画祭で絶賛され、2度目のアカデミー賞外国語映画賞ノミネート(パレスチナ代表)となった。スタッフは全てパレスチナ人、撮影も全てパレスチナで行われ、100%パレスチナの資本によって製作された。
ある日、イスラエル兵の殺害容疑で捕らえられた青年オマールは、イスラエル軍に拷問を受け、死ぬかスパイになるかの選択を迫られる。信念、愛、運命、裏切り、諦め。果たしてオマールは何を選ぶのか――。占領下のパレスチナで懸命に生きる一人の青年のぎりぎりの選択。観終わった後、言葉も、涙さえも出てこない衝撃作。

クレジット

(2013年/パレスチナ/97分/アラビア語・ヘブライ語/カラー/原題:OMAR)
監督・脚本・製作:ハニ・アブ・アサド(『パラダイス・ナウ』) 出演:アダム・バクリ、ワリード・ズエイター、リーム・リューバニ ほか
配給・宣伝:アップリンク

予告編

Back to Top